モンテッソーリ湘南子供の家

モンテッソーリ教育法は、イタリアのマリア・モンテッソーリ女史 (1870〜1952)により、長年の実践・研究の結果始められたものです。
  モンテッソーリ女史は1870年に生まれ、イタリアで医学の学位を得た最初の女性であり、医師であり、教育者でありました.
その生涯を子どもの教育に捧げ、1952年に突然亡くなるまで、世界中にその教育法を広め、ヨーロッパ諸国やアメリカだけでなく世界中で、幼児教育から小、中、高校までモンテッソーリ教育法を実残しています。

モンテッソーリの教育理論

    幼い子どもの自発的活動を尊重し、
    整えられた環境で子供の可能性を伸ばす